asada高圧洗浄機 FX

お勧め商品お勧め商品

日本タップ NEWS!!

「管渠マネジメントシステム」の取組状況本年国土交通省「管路マネジメントシステム」で提唱された管内カメラ(自走TVカメラ)によるスクリーニング調査 日進量 / 1,000m(目標)への実用に向けた実地が株式会社ディ・エス・ディにより行われていた。下記には、㈱ディ・エス・ディが作成した調査・画像解析・情報活用等の技術データから抜粋した。
________________________________________
Ⅰ.既存自走式TVカメラ車による日量/500m対応調査について
当社は、日本タップ製 ロボカムⅡに特別仕様232CR数値管理機器(平成17年)と映像管理機器(平成16年)を搭載したTVカメラ車で日量/500mを画像異常規模判定システム(平成12年)で3システム連動させ1万mで実践した。Ⅱ.平成17年 日本タップ製 ロボカムⅡの導入は、下記の要素を考慮した。
将来、東京都東京都下水道局が自走スクリーニング調査構想が現実を確認できた時、
当社は、平成12年【中小企業庁創造活用促進法研究開発の認定】取得解析技術「異常規模画像判定ソフト」の活用を検討した。
当初自社開発 数値制御搭載自走TVカメラ投入を取りやめ、開発済制御・情報管理システムと組合ができ、スクリーニング調査の時代を考慮し日本タップ製 ロボカムⅡの導入を決めた。
都市直下・東海地震に対応調査でロボカムⅡの車輪部は、土砂・モルタルに対して、他社の自走TVカメラ車より汎用性がある。また、管中心セット短時間で行える。
上記より当社が進めるスクリーニング調査の時代に速やかに対応できると判断した。